Yamapedia

 

山﨑信行 (やまさきのぶゆき)

学内発表では一番敵に回したくない先生。

発表では指導教員は質問できないため、山﨑研に入れば発表の時攻撃されないという利点がある。

「 I know everything. 」

 

我が社 (わがしゃ)

山﨑先生は山﨑研究室のことを我が社という。

 

リアルタイム (りあるたいむ)

リアルタイムと言えば、「即時に」や「同時に」というような意味が一般的である。 しかしコンピュータシステムにおけるリアルタイムは、 「定められた時間制約を満たすように」という意味になる。

例えば、ベルトコンベア上を流れてくる部品を組み立てる産業用ロボットがあるとする。 部品を組み立てるには、定められた時刻にアームを動かし始め、 時間内に作業を済ませなければならない。「即時に」アームを動かしたのでは、 部品が所定の位置に到達していないかもしれない。 当然、部品が通り過ぎた後にアームを動かしても (デッドラインミス)意味はない。

 

RMTP (Responsive Multi Threaded Processor, あーるえむてぃーぴー)

我が社が研究開発を行っている分散リアルタイム処理用プロセッサ。 詳細はこちら

 

Responsive Link (れすぽんしぶ りんく)

山﨑先生が開発したリアルタイム通信規格。国際標準化されている。 詳細はこちら

 

DVFS (Dynamic Voltage and Frequency Scaling, でぃーぶいえふえす)

CPUの周波数や電圧を動的に変化させることによって、電力を節約することを目指す研究。 消費電力=周波数×電圧^2であるので、CPUが暇なときにはそれらを下げれば電力を節約できる。 携帯電話やノートPC、ロボットなどのバッテリー駆動の機械で役立つ。

しかし、周波数を下げると必然的に性能が落ちてしまい、 リアルタイムシステムにおいては不都合 (デッドライミス)が生じてしまうかもしれない。 我が社では、タスクのデッドラインを守りつつ周波数を下げるRT-DVFS (Real-Time DVFS)を研究中。 詳細はこちら

 

NoC (Network-on-Chip, えぬおーしー)

チップ内のモジュール間通信を行うための結合網。モジュールとルータによってネットワークを形成し、 モジュール同士がパケット通信を行う。スループットとスケーラビリティが高いため、 今後の高性能プロセッサの主力であるマルチコア・メニーコアのような 通信ノード数が多いアーキテクチャとの相性が良い。

しかし、ネットワークの負荷が高くなると途端にパフォーマンスが低下して、 パケットがデッドラインまでに宛先に到着しない可能性が高くなる。 我が社では、デッドラインが近いパケットを優先的に転送することで デッドラインを守るRT-NoC (Real-Time NoC)を研究中。 詳細はこちら

 

れすぽん

ハード班の教科書。HPは こちら

 

ロボット班 (ろぼっとはん)

禁則事項。

 

ドリル (どりる)

ロボット班の武器。

天は突かない。

 

テープアウト (てーぷあうと)

マイクロプロセッサの設計における最終段階のこと。 テープアウトのたびに、人が一人死ぬと言われているらしい。

 

ケーブルプロブレム (けーぶるぷろぶれむ)

配線の故障、つなぎ間違いによる不具合。先生曰く、世の中の9割はケーブルプロブレムらしい。

 

サーバールーム (さーばーるーむ)

矢上の研究室内にある。

我が社の心臓部。中のマシンたちは世の中で一番早いらしい。

マシン1台でその辺のマンションが余裕で買えたりする。

 

指紋認証システム (しもんにんしょうしすてむ)

メンバーのタイムカードを管理するシステム。

外部からでも、現在誰が研究室にいるのかが一発で分かる便利なやつ。

 

パスタ (ぱすた)

コスパ最強の食べ物。これを書いている人の研究室での主食だったもの。

 

計算機基礎 (けいさんききそ)

山﨑先生が担当するB2の授業。多くのJ科学生にとっては山﨑先生との初めての出会い。

初の専門科目に刺激を受ける一方、儚くも単位を散らして衝撃を受けることも。

 

プロ3 (ぷろさん)

「プログラミング第3同演習」の略。山﨑先生が担当するB2の授業。

巷では「C・Dは当たり前、Bは優秀、Aは天然記念物」と言われるCDメーカー。

 

組込みリアルタイムシステム (くみこみりあるたいむしすてむ)

我が社のメインテーマ・・・の方ではなく、山﨑先生が担当するB3の授業。

実は山﨑先生の授業で最も単位を取りやすい。

 

レター用紙 (れたーようし)

間違ってプリンターに給紙すると先生が怒る。

紙詰まりの原因となるため、よくさばいてから入れなかった時も先生が怒る。

 

トナー (となー)

コピー機やレーザープリンタで紙の着色に使われる、微細な粉末状のインク。 間違っても200,000円分も買ってはならない。

 

来週から本気出す (らいしゅうからほんきだす)

ミーティング時の挨拶文。来週の来週もまた来週であり、すなわち来週とは永遠である。 我が社では時間制約を曖昧にすることで擬似的に無限遠を実現している。

「いつから"今年の"11月1日だと錯覚していた?」

 

ミーティングアルゴリズム (みーてぃんぐあるごりずむ)

探索を繰り返しその場に存在しない人が最終的に犠牲になることで、 ミーティングを高速に終わらせる最適化アルゴリズム。ミーティングには出よう。

 

出向 (しゅっこう)

ソフト班からハード班への移行を命ぜられること。不可逆。

 

残当 (ざんとう)

「残念だが当然」の略。極めて汎用性の高い単語。残当。

 

西 (しゃー)

論文輪講におけるハズレ論文のこと。ハズレ論文を選んでしまうことを(主に先生が) 「シャーをツモる」と言い、4回連続で引くとカンができる。

 

Happy Hacking Keyboard (はっぴーはっきんぐきーぼーど)

我が社で普及率が高いキーボード。

最近は日本語キーボードも普及してきた(大嘘)が、Caps LockとCtrlを入れ替えていないと先生が発狂する。

 

do_while (どぅーあんだーばーわいる)

山﨑研卒業生が生み出した予約語。一般にいうdo-while文とは似て非なる。

 

do while (どぅーすぺーすわいる)

山﨑研M2が生み出した予約語。一般にいうdo-while文とは似て非なる。

 

Xeon (じーおん)

Intel社のサーバ・ワークステーション向けCPU。研究室サーバマシン用に購入される。 間違っても先生の部屋の棚から勝手に持ち出して個人のローカルPCに組んではならない。

 

Gentoo (じぇんとぅー)

山﨑先生オススメのLinuxディストリビューション。曰く「漢らしいLinux」。

因みにUbuntuはLinuxとは認められていない模様。しかし、最近はUbuntuやLinux Mintの普及率が高い。

 

deadline (でっどらいん)

破るもの。我が社ではリアルタイムシステムを研究していることから、 真のデッドラインを見極めたスケジューリングが重要である。

 

deadline-driven (でっどらいんどりぶん)

締め切りが過ぎてからタスクを消化する超高等技術。 本来あってはならないスケジューリングだが、 真のデッドラインを見極めた者にのみ扱うことが許される。 稀にtrue-deadline-drivenが見られるが、使用者の立場が保証されるとは限らない。

 

reboot (りぶーと)

復活の呪文。

とりあえずリブートしとけば、だいだい直る。

ごく稀に復活しなくなることも...

 

hello_yamasaki (はろーやまさき)

伝説の呪文

ページのトップへ戻る