研究室メンバー紹介


ハードウェアグループメンバー


竹内 雅樹(takeuchi)

学年: 学部4年

研究内容: IPC制御機構を用いたFluid Schedulingの実現

自己紹介: 皆さん、こんにちは。b4の竹内です。 山崎研では雑務を主にこなしています。 相撲を見るのが趣味です。好きな力士は日馬富士です また、寿司も好きです。


B3へのメッセージ:
皆さんは、学生生活をどのように過ごしていますか? 研究室生活になると、今までよりも、研究室の仕事と研究に割かないといけない時間が多くなります! そのため、スケジュール能力が必要になってきます。 この研究室ではリアルタイムスケジューリングの研究室らしく、 日々デッドラインに追われながら過ごしています。 でも、今までの3年間で得られなかった知識、実力はつくと思います。 まだ、研究室どうしようか迷っている方はぜひいらしてくださいね!

 



三浦 隆弘 (miura)

学年: 学部4年

役割: 様々、主に猫の手要因

趣味: 多岐にわたる

研究室に対する評価:(閲覧権限がありません)

山﨑先生の印象:(閲覧権限がありません)

今後の動向:T`V9wE{*m{~tXHW!]c0Y -+B?h{?.8uq[Bh;AKu>q_V?F(lyS)juFV+;oiNahW^kTpDApEgIXxb'

 

B3へのメッセージ:

本研究室では、リアルタイムスケジューリングを主軸としていますが、それに限らず幅広い分野の研究が行えます。 一例を挙げるならば、通信、NoC、ロボットなどが過去に研究されています。 私自身もまた新たな分野を開拓しようと画策している一人でもあります。 分野に縛られない、あるいはどんな分野を研究しようか決めあぐねているという方にも実はおススメの研究室であるかと思います。 お時間があれば、ぜひお話ししましょう。





So Haramura

学年: 学部4年

研究内容: ハードウェア、山﨑先生へのジョーク


B3へのメッセージ:
せっかく研究室に行くなら、ここでしかできない研究をしませんか?
研究面で見ると、山﨑研はオリジナルな研究ができるイケイケな研究室です。
イケイケなみなさん、ぜひ山﨑研へ!

 



中別府 将太(nakabeppu)

学年: 学部4年

研究内容: ハードウェア関連

自己紹介: ゲーム・カラオケ・マンガをこよなく愛する男
特技は瞬身の術(なお、本人は否定している)
コーラを持っている人がいたら彼です。


B3へのメッセージ:
私たちの研究室ではシミュレーションだけにとどまらず、実際に自分たちで考案・作成したアーキテクチャを用いてチップを作製し、実チップによるリアルなデータを自分たちの研究へと生かしています。 チップやLSIの作製やアーキテクチャに興味がある方はぜひ一度見学に来てください。

 



ソフトウェアグループメンバー


宍戸 開(shishido)

学年: 学部4年

研究内容: 分散リアルタイムオペレーティングシステム

自己紹介: No data 計り知れない(あらゆるベクトルにおいて)男


B3へのメッセージ:
山﨑先生の研究室なんて、勉強ができたりとか知識がなかったりしないとダメなんじゃ…と思っているそこのあなた。 そんなことはありません。今までの成績は本当に関係ないのです。ソースは私。 数多ある研究室の中で最も知識と技術を習得することのできる山崎研究室でバラ色の研究室ライフを送ろう!

 



和田 涼(wada)

学年: 学部4年

研究内容: 分散リアルタイムオペレーティングシステム

自己紹介: PCゲーム、というかエ○ゲをこよなく愛する者


B3へのメッセージ:
何とかなります。そう、山崎研究室ならね。

 



塚原 悠太(yuta)

学年: 学部4年

研究内容: 分散ノードにおける時刻同期

自己紹介: 研究室に現れる座敷わらし


B3へのメッセージ:
研究室に入って、OSのブート、スケジューリング、コンテキストスイッチなど、実際に動いているコードに囲まれ、座学が実学に昇華しています。 毎日学ぶことがあり、手に職をつけようと善戦しています。 山崎研究室では実際に手を動かし、コードを読み、困難を乗り越えて成長する場所です。使うケーブルの種類から、ネットワーク、学んできたこと全てがここにあります。 生ぬるくゆるい生活を送りたい人にはお勧めできませんが、ここでしかできないことをしたい、自分の名前をOSに残したい、自分のコードを宇宙機に載せたい、そんな野心のある、意欲旺盛な人にはうってつけではないでしょうか。 うちの研究室の噂は多いけれど、所詮噂です。惑わされるかは貴方次第です。

 



ページのトップへ戻る